銀行でキャッシングをする場合、家族にはばれない?

銀行でキャッシングをする場合、家族にはばれない?

銀行でキャッシングする場合は、基本的に家族にはばれません。
銀行はあくまで個人と取引をしていますので、例え家族であろうと取引内容を教えたりすることは違反だからです。
連絡をしてくる際にも、絶対に個人の携帯電話にだけ連絡をくれるように頼んでおけば固定電話への連絡はきません。
取引のない銀行でキャッシングするようにし、尚且つ固定電話の番号を書類に書かないでおくと確実です。
今は携帯電話しかない家庭も多いですから特別怪しまれることもありません。

ですが、注意しなければいけないことも何点かあります。
銀行員が取引内容を家族に話すのは違反ですが、家族から聞かれた場合うっかり話してしまうことも有り得ることです。
家族みんな知っているものだと思って話してしまった、というケースも多くあるのが現状です。

また、キャッシングをした場合には返済予定明細という今後の返済の内容が分かるものを郵便で送られてくる場合が多く、それを家族が開けてしまってばれてしまう、という可能性があります。大抵そういうものは支店ではなく本部で一括して送ってきますので、個別に店舗へ取りにいくということも難しいです。

また返済が滞った際にはまず電話連絡が来ますが、それで連絡がとれない時には郵便で督促をしてくることもあります。
何の変哲もない封筒で来ますから、家族がただのお知らせだと思って開けてしまう可能性も十分考えられます。

家族にばれてしまう危険性はこのくらいのものです。
絶対にないとは言い切れませんが、普通は家族に知られずキャッシングをすることが可能です。
カードローン審査甘いのは明確に比較できる?はこちら